【キャリアアップ】ITエンジニアが取得しておきたい資格まとめ

こんにちは、広報担当の石山です。

 

皆さんは最近、何か目標をもって勉強していることはありますか?

社会人になって、『勉強する時間』というものは

確実に少なくなっているハズです。

ITエンジニアでも『システムエンジニア』『ネットワークエンジニア』など

様々な種類があり、資格も幅広く存在しています。

 

そもそもエンジニアに資格は必要なのか???

エンジニアとしてキャリアを積むのに、資格取得はマストではありません。

でも、ITエンジニアとしての能力を示す資格を持っておくと、

転職や資格取得のために勉強をすることがスキルアップに働いたりします。

今回は、ITエンジニア向けの資格のなかでも、特にスキルアップや

キャリアアップに活用しやすい資格試験をまとめました。

1969年から始まった信頼度の高い国家試験です。じゃんっ!!

※表はWEBサイトより引用

非エンジニア含め社会人全般を対象とした『ITパスポート』は有名ですね。

情報処理技術者試験は、現在多くのIT企業で指標のように扱われており、

資格手当や一時金などの報酬金制度を設けている企業も少なくありません。

初心者から上級者まで、レベルやスキルに応じての受験が可能です。

比較的受験費用もそんなに高額ではないので、受験もしやすいのかな。

ちなみに、私も『ITパスポート』取得のため勉強中です!(‘◇’)ゞ

 

各試験は1年に1回か2回の頻度で行われています。(春季・秋季)

 

初心者向け

基本情報技術者試験(FE)

 

応用・技術者全般向け

応用情報技術者試験(AP)

 

高度な専門的技術・スペシャリスト

ITストラテジスト試験(ST)

システムアーキテクト試験(SA)

プロジェクトマネージャー試験(PM)

ネットワークスペシャリスト試験(NW)

データベーススペシャリスト試験(DB)

エンベデッドシステムスペシャリスト試験(ES)

情報セキュリティスペシャリスト試験(SC)

ITサービスマネージャー試験(SM)

システム監査技術者試験(AU)

 

 

エンジニアとしてキャリアの浅い方は、まずはシステム開発の基本的な知識レベルを問う

『基本情報技術者試験』に挑戦してみるのが良いのかもしれません。

既に実務でスキルを磨いており、腕試しをしたい人は、『応用情報技術者試験』や自分自身の

得意な専門分野の試験に挑戦してみるのもありだとか!!!

試験が難しくなればなるほど合格率も低くはなりますが、取得できれば

就職・転職にも有利ですし、何より自分の自信にも繋がります(#^.^#)

一つの業種に限らず、様々な知識を身に付けておくと、さらにキャリアアップに有効なはず!

 

 

ちょっと堅い内容にはなってしまいましたが、私も取得に向けて頑張りたいと思います☆ミ

 

 

あわせて読みたい