【LINEの鍵マーク】今更聞けないけど‥一体何?

こんにちは、広報担当の石山です。

 

皆さんが日常的に使用しているSNSはLINEが主流になっていますよね?

ふと、LINEの送信者の名前の左横『鍵マーク』が表示されているのに

気付いていますか?しかも急に(笑)

 

これなんやろう・・って、気になりませんでした??

実はこの鍵マークはLetter Sealing(レターシーリング)という

機能が有効であることを表すマークですが、一体どういうこと??

って思いますよね。私ずっと疑問でした(笑)

 

そもそもLetter Sealing(レターシーリング)というのは

暗号化技術であって、LINEでのトークのやり取りが

保護されていることを表しています。

LINEサーバーを経由し、トークや無料通話をしたユーザー以外が

内容を解読できないように暗号化するもの。← 素晴らしい機能

つまり、”この人とは安全な通信を行っています”

というような意味合いになりますよね。

 

試しに鍵マークをタップしてみると、Letter Sealing(レターシーリング)が有効なトークルームでは、ロックアイコンが表示されます。

というようなポップアップが表示されます。

Letter Sealing(レターシーリング)が適用する条件として、

お互いにLetter Sealing(レターシーリング)を有効にしていることで

機能していることになります。なので、お互いに設定をオンにして

いないと鍵マークは反映されません。自分だけしても意味がないってこと!

 

Ι 鍵マークのデメリット

LINEでトークを行う際に安全性を高めてくれる機能だと

先ほどご紹介したLetter Sealing(レターシーリング)ですが、

やはりデメリットも存在しちゃうんです。

それは、機種変更時のトーク履歴の引き継ぎが一部復元できない

可能性があるみたいです。

鍵マーク付きのトークで未読状態のものがある場合は、うまく

引き継げないことがあるんだとか・・><

データ移行が出来ても、トーク内容が閲覧できないとかもあるみたい(._.)

ですから、ここが重要!!! ↓

トーク履歴を引き継ぐ際全て既読にしておく必要がありますね。

 

 

Letter Sealing(レターシーリング)は通信のセキュリティを強化する

ための機能なので、基本的にはオンにしておくのが良いのかも。

実際上のメリットとしてはほぼありませんが、機種変時の引き継ぎ

や通常のときと上手く切り替える使い分けが出来れば良いかと。

 

普段の日常生活において、何の気なしに使っていても

知らないうちに機能はどんどん進んでいきます。

何か疑問に思った機能はすぐに調べようと思いました(笑)

 

まだLetter Sealing(レターシーリング)の機能が整っていない方は

最新のバージョンにして上手く活用して頂ければ嬉しいです☆ミ

 

 

 

あわせて読みたい