【iPhone】バッテリー長持ちのコツ。

 

こんにちは、広報担当の石山です。

皆さん、すでにスマホをお持ちの方がほとんどだと思います。

中でも今はiPhoneユーザーが多くなっているような気がしますよね。

 

iPhoneは使い勝手がよく、高機能がたくさんあり持っていると色々と便利ですよね。

ですが難点が・・・充電の減りが早い。

朝100パーセントに充電満タンにししていても夕方にはバッテリーが

なくなっているということ、ありませんか??

私もこの経験は何度も経験しました。(というより今も・・)

そこで今回は、バッテリーを長持ちさせる方法を考えました。

iPhone全般に適用できるはずなので、iPhoneユーザーの方は是非お試しください!

 

※ちなみに私はiPhone7です

 


1•バッテリーを消費しまくってるアプリを突き止める


どのアプリのせいで多く消費しているのかをチェックしてみる

【方法】”設定”→”バッテリー”→バッテリー残量の下に出てきます

 

前は使っていたけど今全然使ってないやぁ~っていうアプリはすぐアンスト!!

 


2•画面の明るさを調節する


画面の明るさはバッテリーにかなり影響します。

ストレスのない程度に明るさを抑える。そんなに明るくなくても十分じゃん‥と気づく。

“明るさの自動調節”をオフにすることでさらに節電効果

【設定】→【画面表示と明るさ】→【明るさの自動設定】→オン(緑)からオフ(白)に

 


3.不要な通知サービスをオフにする


通知機能は、アプリごとに設定できます。

通知量が多いほど消費電力が増えて、外部のサーバーと通信して通知がくるアプリは特に要注意ですよ!通知機能が不要なアプリは通知機能をオフにしましょう。

【設定】→【通知】→各アプリごとに通知機能をオフにします。

 

 


4•自動ロックまでの時間を短くする


ディスプレイの点灯時間を抑えることで、わずかですが消耗を防げます。

【設定】→【画面表示と明るさ】→【自動ロック】→30秒Or 1分に設定する

 


5•視差効果を減らす


これは私も知らなかったのですが、ロックを解除した時のふわっとしたアニメーションや壁紙が動いて見えるような効果を軽減する設定です。(知ってました??)

バッテリーの消耗も、ほんのわずかですが抑えることが出来ます。

【設定】→【一般】→【アクセシビリティ】→【視差効果を減らす】→オンにする

 

 

 

いかがでしたか?個人のiPhoneの設定によって異なりますが、

他にもまだまだ少しでも軽減できる方法はいくらでもあります。

 

今回は、iPhoneのバッテリー寿命を長持ちさせるポイントをご紹介しました!

逆に、こんな方法もあるんだぞ!という裏技をお持ちの方いましたら

是非私にも教えて下さい♪充電の減りが早いので助けてほしいです‥(笑)

 


クイックサーブでは、仲間を募集しています。

 

皆様のご応募を心よりお待ちしております。

何かご不明な点や、お問い合わせは下記のご連絡先まで。

(株)クイックサーブ

〒150-0002

東京都渋谷区渋谷2-11-5 クロスオフィス渋谷メディオ5F

Tel/03-6450-5141 担当/採用担当

HP/http://www.91932.com


あわせて読みたい